ヤーズ飲み忘れた時

専門の病院などで、いわゆる「アフターピル」の処方を書いてもらうのが通常の手順です。近頃わたしたちの国では、プラノバール錠(黄体ホルモン・卵胞ホルモン)と黄体ホルモンのみを含むノルレボ錠の2種類のアフターピルが使用されています。
ほとんどの場合、アフターピルの経口摂取が排卵直後であれば、剥落する子宮内膜が多くないため出血が少なくて済み、排卵が終わってから数日経過していると、通常の生理の時と同様の出血がある模様です。
現れる副作用としては、どちらにしても頭が痛くなる、吐き気がする等が典型的ですが、通常低用量ピルに比して緊急避妊薬であるアフターピルは、生じる副作用の強さに大きな差が見られます。とは言うものの、それなりの個人差は出てきます。
たくさんの女性ホルモンで構成されている避妊薬では、血栓による急性心筋梗塞などの副作用の危険性が公表されていましたが、最新世代の低用量ピルでは、先に挙げたような困った副作用は大きく少なくなっています。
その後72時間の内に飲んでおかないと意味がないと聞きますが、現実は摂取する時間間隔の他、こうしたアフターピルの種類やタイプによって、妊娠を抑止できる可能性が相当違うものなのです。
あちこちで売られている家庭薬みたいに、いわゆるアフターピルにもたくさんの種類が流通しています。正しくない決定をしないで済むように、自らがきちんと情報を得るようにしなければならないのです。
多くの場合、中用量ピルを併用して、低用量ピルの服薬終了の1日後から、中用量ピルを計画している生理開始日までせっせと服用すれば、生理を遅らせることができます。
日本国内においては、ピルというものは薬店において買い付けることはありえない事だと認識しましょう。とはいえ並行輸入すれば、標準的な通信販売、通販とほぼ変わりないやり方で、緊急避妊薬、アフターピルを買えるのです。

避妊薬の低用量ピルとアフターピル

専ら妊娠防止の効力だけでなく、低用量ピルは、生理が来る前の落ち着かない感じや苦しい生理中の腹痛なども軽くしてくれたり肌荒れが良くなったりと、大勢の女性達の確かなサポーターになってくれます。
毎日一錠経口摂取するだけで、正常な排卵を邪魔して、子宮内膜が増殖することをコントロールします。一般的に低用量ピルには、物理的な避妊法よりも顕著な避妊対策の服用効果が備わっているのです。
女性の生理周期は、およそ定期的に起こることが大半なのですが、排卵日の後でアフターピルの摂取をした場合には、短い期間に2回不自然に生理がもたらされるという訳です。
副作用の少ない低用量ピルとの違いとして、いわゆるアフターピルは胃がむかむかしたり戻してしまったり、頭が痛い、生理じゃないのに出血した等の副作用がありがちです。日々の安全な避妊対策であれば、堅実な低用量ピルを推奨します。
避妊専門というわけではなく、よく使われている低用量ピルには豊富な使い道があり、マイナス要因である副作用もそんなには起こりません。きちんと使えば、大変心強く効果的なお薬なのです。
世界各地で、女性達が使っている安全な低用量ピルは、国内でも1999年9月には承認されて発売開始され、嫌な副作用の方も急展開で改良されていったのです。
クリニックに行かないでもアフターピルのような薬品を求められて、控えめな値段なのでお役立ちです。自分で海外輸入するなんて手に負えない感じがしたけど、なにげにネットショップや通販で購入するのと似たようなものでした。