ヤーズ 添付文書

ヤーズ 添付文書

通常低用量ピルの明らかな服用効果、副作用といったものにはその人毎に差があって、ひと括りに「これを推奨します。」と明言はできないので、飲んでみて自分の体と相談しながら、ドクターなどに相談してみるのも良いと思います。
数多く流通している店頭薬のように、緊急避妊薬であるアフターピルにもたくさんの種類が存在します。誤った認識をしないで済むよう、自らが適切な認識を得ておくべきだと思います。
低用量ピルやモーニングアフターピル等の経口避妊薬は、海外輸入を代理に担当してくれる通販やネットショップ等で、安心して豊富な種類のものを、一般よりもバリュープライスで買い求めることができるようになってきています。
市場に出回る低用量ピルや、アフターピルといった経口避妊薬にははっきりした違いはあるのか。メーカーや薬の種類も様々で心なしか掴みづらい。そのようなよくある質問を解消するためにお教えします。
薬のうっかり飲み忘れをやってしまうと、避妊予防の働きを望むことは難しいのですが、緊急避妊薬であるアフターピルは性交渉の後で摂取するもので、毎日飲めばいいというものではないのでご留意ください。
生理が始まった最初の日から、生理周期の安定の為などにも使われている低用量ピルをスタートする第一日目タイプと、生理が始まって初めての日曜から摂取開始する、曜日型の2種類が存在します。
世界の国々で服用されている、いわゆる「アフターピル」には、ざっと区分して、ノルレボを配合した一回2錠摂取するものと、海外で人気の高いアイピル、エラワンといった飲み忘れの少ない1錠タイプの2つの種類が存在します。
医師の診察を受けて、通常のアフターピルの処方箋を出してもらうという人であれば、病院でこの後の生理に関する話をしてもらうことができるのですが、ネットショッピングや通販によって買い求めた人だと、何も知らないままになってしまいます。
いわゆるアフターピルの処方箋を書いてもらうのみなら、ほとんどの場合薬の説明や体調の問診程度で終わるでしょう。かかる費用に関しては自由診療となりますので、2万円くらい見ておけば足りると聞いています。
このごろは、妊娠阻止や辛い生理痛などの症状、女性特有の子宮内膜症といった病の改善のために使用されているのは、配合されている女性ホルモンの分量が低減されている副作用の少ない低用量ピルと呼ばれる種類のものです。
日常的に飲用する必要のある低用量ピルと大きく違い、アフターピルと呼ばれるものは、プラノバールといった中用量のピルを含んでいて、女性ホルモンのバランスを急速に変化させることにより、効果を発揮させるというものです。
あちこちの病院で処方をしない理由として挙げられるのは、希望する人が少ないとか公立病院なので扱いがない、といった所です。手始めに、低用量ピルの処方を出している医療機関を見つけましょう。
メーカー等が違っても、助かる服用効果は変わりませんが、段階型と言われる低用量ピルは、正しい順序に従って飲んでいないと避妊できる効力が低くなったり、困った副作用に見舞われる場合もありますので、理解しておくことが大切です。
いわゆるアフターピル利用で妊娠に至らなければ、次の生理が来ます。服薬してから、7日過ぎたあたりで出血があるということが少なくないのですが、早ければ3日くらいで出血がある人もいます。
よく用いられている低用量ピルでは、安全な服用効果が体感できる限界量まで有効成分の量を減らしてあるため、日次的に1回は、着実に摂取しなければいけないのです。