ヤーズフレックス 添付文書

日々忘れずに服用する必要のある低用量ピルとは全く違い、緊急避妊薬のアフターピルは何と言っても妊娠の確率の高い行為があったケースでのみ、少しでも迅速に摂取することが薦められている薬です。
本邦では、経口避妊薬は手軽に街の薬局などで入手することは不可能だと認識しましょう。そうは言ってもいわゆる個人輸入という手段をとれば、標準的な通販、カタログ販売などと同様に、緊急避妊薬、アフターピルを買えるのです。
医師と名のつく人間なら、婦人科に限らず低用量ピル関係については処方箋を書く事ができます。けれども実際には、別の診療科目の医師で避妊用の低用量ピルの処方を書いてくれる人は、まだまだ存在しません。
1日経っていなければ、服用効果がより高まるなど、早々に摂取をした方が避妊の確率を下げられるので、速やかにいわゆるアフターピルを体内に摂り込むことが基本なのです。
マイナーではありますが、私達の国でアフターピルや低用量ピルといった避妊薬を重用している方々の大半は、ネット販売などの通販を使って海外から購入し、避妊を如才なく舵とりしているというのが実状になっています。
2回目の時にうっかり飲み忘れると、卵巣などの状態がこわされることになり、妊娠を防ぐ効果が低下してしまいます。アフターピルの飲み忘れが発覚したら、速攻で飲むのが鉄則です。
休日なしで年間を通して開いている専門医なら、取り急ぎ72時間経過しない内にという制限時間が決まっているいわゆる「アフターピル」の処方対応や、急なピンチの場合にも、ケースバイケースで対処してもらうことが可能なのです。
自分の病院のHP上に「問診だけでアフターピルの処方をしています。」等と載せている病院を訪ねるのが無難です。そのような所は、良きにつけ悪しきにつけ感情を挟まないので、プレッシャーがないと考えます。
よく使われる低用量ピルの確実な服用効果や、頭痛やめまいといった副作用にはその人毎に差があって、単純に「これが一番だ!」と明言はできないので、摂取しながら慎重に体の具合を見て、病院などでお尋ねください。
それほど即効力はなさそうだけど、深刻な副作用の不安がないサプリメント剤を服用することには理解があるのに、いわゆる「低用量ピル」を飲むことには、依然として間違った印象を持っている人が多いのが事実です。
避妊がうまくできなかった場合や、本人の意思と無関係の性行為が起きてしまった場合のモーニングアフターピルの処方を問診後にお渡ししています。方式は2011年にできたノルレボ法と、古くからある2段階で薬を飲むヤツペ法があります。
副作用の少ない低用量ピルの種類としては、1箱当たり21錠納められているものと28錠納められているものの2通りが存在します。どちらでもご自身の好きな方で、使い勝手の良い方を選べばと考えます。
1日につき1個副作用の少ない低用量ピルを飲んでください。いろいろな時間になってしまっても、得られる服用効果が変わることはありません。そうはいっても、同じタイミングで服用する事によって、飲んでなかったなんて失敗をなくせるでしょう。
卵子の排出が終わってからアフターピルを服薬すれば、通常の生理周期通りに生理が始まることが多く見られます。アフターピルの成分による生理とナチュラルな生理とが、並行して発生したという事です。
医療機関で処方箋を書いてもらうのがなんだかイヤだなという方は、インターネットを介したネットショップや通販を使ってみて下さい。産婦人科により、処方を出す低用量ピルやアフターピルの用法や種類も違いがあるでしょうし、必要なお金もかなり違いがあるようです。