トリキュラー マーベロン どっち

バリエーション豊かな低用量ピル、アフターピルといった経口避妊薬にはどういった違いがあるのかしら?色々な種類も出てるしどことなく掴みづらい。そういったよくある質問を解き明かす為に解説します。
最初の避妊薬アフターピルの経口摂取による副作用のおかげで、2段階目のピルを戻してしまったというタイプはよくあることで、ハイリスクな状態です。すぐさま産婦人科などに行くべきです。
副作用の少ない低用量ピルとアフターピルといった経口避妊薬。これまでにピルというものを常用したことのない女の人なら、違いは全然判別できないのではないかと思います。
なるべく早く飲んだ方が、モーニングアフターピル等の際立った服用効果を得ることができます。うっかり避妊するのを忘れたという時から所定の12時間を過ぎずに飲めば、妊娠に至る可能性は激減し、概ね妊娠の心配は不要でしょう。
海外の多くの国で、大勢の人々が服薬している安全な低用量ピルは、本邦でも1999年になって国の承認が出て国内販売が始まり、困った副作用の面も急展開で改善が見られたのです。
事後24時間以内に「アフターピル」を服用しておけば、98.6%といった高い避妊率が上げられるという報告が上げられています。更に3日以内であっても、8割の場合は妊娠しないで済むようです。この確率は、たくさんの製造元や種類が出回っているアフターピルですが、押し並べて違いはありません。
日毎に忘れずに服用する必要のある低用量ピルとははっきり違い、用量が高いアフターピルは何と言ってもリスキーな行動があった場合に限って、可能な限り早急に体内に入れることが薦められている薬です。
普及している低用量ピルの嬉しい服用効果や、嬉しくない副作用にはその人によって違いが見られ、単純に「これを推奨します。」と明言はできないので、飲んでみて自分の体と相談しながら、産婦人科で相談してみるのも良いと思います。
低用量ピルを常用していたけれど、現在はずっと飲み忘れている女性が避妊しなかった時は、妊娠率が想像以上にアップするので、ぜひとも72時間以内に緊急避妊薬であるアフターピルを服用するようにしてください。
本邦では、低用量であれ高用量であれ、ピルは手軽に街の薬局などで入手することは難しいと覚えておいて下さい。でも大丈夫です。並行輸入すれば、よくある通信販売、通販とほぼ変わりないやり方で、高用量のアフターピルなどを入手することが可能です。
2日間も2錠目の低用量ピルを完全に飲み忘れていた時には、妊娠を阻害できる保証はしかねます。とりあえずピルの摂取をやめましょう。生理出血がスケジュール通りにあったら、妊娠していなかったという事なのでご安心ください。
避妊の成功率が低減する素因には、日常的な低用量ピルのいわゆる「飛ばし飲み」等の飲み忘れ、下痢を伴う病気や、作用を相殺する別の薬の服用や、薬草茶を大量に飲んだことなどが知られています。
病院に行って、よく使われているアフターピルの処方箋を出してもらうという人であれば、産婦人科医よりピル摂取後の生理の状態についての説明を聞くことも可能ですが、海外通販などで買いつけた際には、そういう事はありません。
いわゆるアフターピルの服用効果・避妊効果は、万全とは参りません。普通、妊娠に至る公算が、100%から20%まで減らせるというのが実情なのです。
2段階服用のアフターピルにおいて、まず第一に危ないのが、2番目の飲用が間に合わなかったという事です。強い副作用のためにそのつもりもないのに寝入ってしまって、2回目を飲み忘れてしまったとの確認の電話が多々あります。