トリキュラー21 個人輸入

その後1日以内に「アフターピル」を服用しておけば、98.6%といった高い避妊率が上げられるという報告が上げられています。3日以内であっても、80%は妊娠を阻止できるということです。このようなパーセンテージは、色々な種類のアフターピルにおいても、押し並べて同程度になっています。
例を挙げれば、英語で曜日がピル用の容器に入れてあるもの等があります。そうした物を用いれば、低用量ピルの飲み忘れをやらかしても、即座に認識する事が可能です。
3日の内に服用しなければ効き目がないと聞きますが、本当は薬を飲む時間帯のみならず、アフターピルの種類が違えば、妊娠阻止率が相当違ってきます。
女性の生理周期は、およそ計算通りに訪れることが大半なのですが、月経と月経の間にアフターピルを飲んだりすれば、一月の内に再度不自然に生理がもたらされるのです。
それまでの性的な営みによって、現状受精が成立していると、懐妊の状況です。この状態では、アフターピルの明らかな服用効果は得ることができません。
大雑把に分類してみると、世間でいう所の「低用量ピル」は一相性と三相性の種類でいえば2つになります。各ホルモンの割合の違いによって区別されています。現れる服用効果はほとんど同じです。
2回目の摂取を薬を飲み忘れてしまうと、せっかく作った環境が壊れてしまい、避妊の成功率がダウンしてしまいます。アフターピルの飲み忘れが発覚したら、速攻で飲むのが鉄則です。
緊急避妊薬であるアフターピルを海外通販などでゲットする場合には、ドクターにかかる時間や処方を出してもらうことが必要ではなくなります。さりとて、使う上での注意事項や機能や指示量を保って、的確に使うようにしてください。
さほど知られていない「ウリプリスタール酢酸エステル」という、ホルモンを含有する種類の中用量のアフターピルの最も大きなアドバンテージとしては、妊娠をブロックする効き目が非常に強いということがあります。
通常の場合アフターピルの処方となると自費ということになるため、お医者さんによって値段がまるで違うことも珍しくありませ。ですから、私どもでは廉価に入手できる通販やオンラインショッピングを一押しとしています。
完全に飲むタイミングは厳守して、例え想定外の出来事で次のアフターピルをついつい飲み忘れた時にも、確かに避妊の効果は落ちてしまいますが、摂取は必ずしてください。
中用量、高用量であるアフターピルは、普及している低用量ピルに比較して強い作用を持っており、半強制的に生理をもたらして妊娠を妨害するという特徴がありますから、それに比例して困った副作用も出る事が多いといった違いが生じます。
クリニックに行かないでも低用量や中用量のアフターピルを入手できて、低価格なのでいいことづくめです。自分で海外輸入するなんてなんとなくインチキっぽい気もしたけれど、一般的な通販やインターネット上のショップでショッピングするのと似たようなものでした。
産婦人科医などに連絡することは当たり前ですが、2錠目のアフターピルをついつい飲み忘れてしまったような時には、あたふたせずに、差し当たって2回目の薬を体内に入れてリラックスするようにしましょう。
いわゆるアフターピルの処方をもらうだけであれば、大体の場合は問診のみの診察なしで済んでしまいます。かかる費用に関しては保険外となるため、2万円くらい見ておけば大丈夫だと聞いています。