トリキュラー 飲み方 避妊

産婦人科などで処方を貰う時は、その薬局で取引している製造元の低用量ピルの内から選択するしかありませんが、海外との通販では、あなたが好みのメーカーや種類の薬剤を購入することも可能なのです。
ピルの飲み忘れをしちゃうと、避妊予防の働きを実感することは厳しくなってしまいますが、こうした避妊に使われるアフターピルはセックス後に飲むための薬であり、日々服用しておけばいい薬では決してないのです。
2度目に飲まなければならない時に飲み忘れてしまったりすると、体内環境が駄目になってしまって、避妊の成功率が落ちることになります。アフターピルを飲み忘れたのなら、即座に飲む必要があります。
うっかり妊娠したかもといった可能性がある時に、まさかの時の手立てとして使われるものにアフターピルがあります。こちらのWEBサイトでは、緊急避妊薬であるアフターピルとはどういうものか、有効性やどうやって処方してもらうのかまでご紹介しています。
我が国で本当は処方箋のいるアフターピルを気軽に購入したければ、コストパフォーマンスといった面で考慮すると、お医者さんに長時間待って処方してもらう場合よりも、通販を使って買うことを一押しで推奨します。
避妊対策のアフターピルの副作用として、多くの人に現れる状態には、胃のムカムカ等があります。つらい吐き気がする時には、嘔吐予防の薬などを共に服用するのが有効です。
飲んだ時間が早ければ早い程、緊急避妊薬であるアフターピルの目覚ましい服用効果が得られます。ミスを犯してしまったという瞬間から半日の内にきちんと飲むだけで、0.5%という低い妊娠率となり、まず妊娠には至りません。
ピルを飲んでからおよそ2日位で、中用量のアフターピルに含まれる成分は全身からなくなります。とはいえ、その数日後になってから、ツライ副作用と似た感じの状態になってしまうこともあると報告されています。

避妊薬の低用量ピルとアフターピル
避妊ピル薬

それ以前のセックスで、もう子宮に受精卵が着床している状態であれば、その妊娠が成立している過程に入っています。この状態では、アフターピルのせっかくの服用効果は得ることができません。
避妊できなかった場合や、意思に反したセックスの後の避妊対策としてのアフターピルの処方を問診後にお渡ししています。方式は2011年にできたノルレボ法と、昔ながらの2段階で薬を飲むヤツペ法があります。
必要な薬を飲み忘れることは、ままある大したことのないミスでしょう。この他の薬のちょっとした飲み忘れにつきましては、干渉する気はありませんが、ホルモン剤のアフターピルの飲み忘れにつきましては厳重に注意してください。
出回っている低用量ピルの多くは、服用効果が得られるリミットまで女性ホルモンの分量を引き下げてありますので、日次的に1粒は、きちんと飲んでいかなければ駄目なのです。
安全に妊娠防止効果をもたらしてくれるのは、入手した低用量ピルを飲み始めてから1週間以上後からです。漏れなく服用しつづければ、次のサイクルでは初日から服用効果を得ることができるでしょう。
2回に分けて飲まなければならないアフターピルで、何はさておきハイリスクなのが、2度目の摂取を忘れてしまうことです。副作用がかなり強烈なのでそのつもりもないのに寝入ってしまって、2錠目をつい飲み忘れたといった質問がたくさんあります。
日毎に忘れずに服用する必要のある低用量ピルとは全く違い、モーニングアフターピル等は前提条件としてリスキーな行動があった時だけ、少しでも間をおかずに服することが薦められている薬です。