トリキュラー21 飲み方

さほど知られていない「ウリプリスタール酢酸エステル」という、ホルモンを含有する種類の避妊薬のアフターピルの顕著なアドバンテージとしては、妊娠を阻止する高い効果を得られるということが判明しています。
色々な低用量ピルや、緊急避妊薬のアフターピル等にどういった違いがあるのかしら?種類もいっぱいあるしなんとなく把握しきれないような。そういったお悩みを片づける為にお答えしましょう。
薬を摂取する時間は、2、3時間程度ならいくらか遅れても大丈夫ですが、決まって同じタイミングで毎日低用量ピルをのむことを、飲み忘れ予防のために意識してください。
よく知られている低用量ピルの種類と言うと、1サイクルで21錠のタイプと28錠のタイプの2つがあります。このうちあなたの好きな方で、面倒じゃないものをセレクトすれば大丈夫です。
広く流通している風邪薬などの医薬品のように、いわゆる低用量ピルは薬屋などで購入できないようになっています。クリニックを訪れて、普通の診察をしてもらってから処方されるタイプの薬品です。
嘔吐や不正出血などの諸症状が顕著な場合は、使用しているアフターピルのメーカーや種類等を変更すると軽減されるケースも少なくないので、ぜひドクターに尋ねてみるといいでしょう。
多くの国で利用されているアフターピルには、大まかに分別して、ノルレボを配合した1回に2錠飲まなければならないものと、製品名でいうとアイピル、エラワン等の1錠しか飲まなくてよいタイプの2つの種類があるようです。
処方箋なしで低用量や中用量のアフターピルを入手できて、低価格なので大助かりです。個人で海外から輸入するのは敷居が高い感じだったけど、なにげにネットショップや通販で購入するのと相違ないくらいでした。
完璧に時間厳守で、仮に不測の事態で2錠目のアフターピルを飲み忘れた方も、生憎避妊に対する効き目は低減してしまいますが、摂取は必ずしてください。
一般的にアフターピルで使われる薬剤は、卵巣内での排卵と授精済み卵子の子宮内膜との結合の両者を防ぐ効力を持っていますので、一時的に「妊娠成立」していても目覚ましい服用効果を上げてくれます。
ビックリしてぞっとする人もいると思いますが、たまに飲むのを忘れてしまうという行為はかなりリスキーです。殊に24時間以上超過して低用量ピルを飲み忘れるミスは危険度が増します。
避妊対策を狙った薬である低用量ピルは、排卵に関係する卵胞ホルモンと黄体ホルモンといった双方の種類の雌性ホルモンが含有されています。今までより、厄介な副作用も抑えられています。
よく使われる低用量ピルの優れた服用効果と、吐き気や出血などの副作用の現れ方には個人個人の差異があり、ひと括りに「これを推奨します。」と言うのは困難ですから、飲んでみて慎重に体の具合を見て、病院などで質問してみるとよいでしょう。
大雑把に区分すると、世間でいう所の「低用量ピル」は一相性と三相性のたった2つの種類しかありません。女性ホルモン(黄体ホルモン・卵胞ホルモン)の配分により分けられているのです。服用効果の程度は似たようなものです。
妊娠成立の恐れがあるケースで、まさかの時のやり方として一般的なのがアフターピルです。このサイトにおいては、さほど知られていないアフターピルについて、効能や処方の貰い方その他について簡単に述べています。