フェミロン ピル

フェミロン ピル

アフターピルなどを一緒使って、低用量ピルが終わった翌日より、次なる中用量ピルを生理を変更したい日になるまで継続して服用すれば、次の生理周期をずらすことができるようになっています。
中用量、高用量であるアフターピルは、普及している低用量ピルに比較して女性ホルモンが多く含まれて、無理やり生理中にしてしまって妊娠を妨害するという働きであるからして、それに比して頭痛や出血などの副作用が多いとの違いが生じます。
通常アフターピルで使われる薬剤は、排卵されることと既に受精卵となった場合の子宮組織への着床の双方を抑止する効果を持つ薬ですから、受精の後だとしても目覚ましい服用効果が得られます。
中でも、第1回目にアフターピルを飲んだ後に胸部痛があったり、強い頭痛の症状があった時には、深刻な副作用の可能性が高いため、即座に医療機関に行くようにするのが最善策です。
一日未満の間にアフターピルを経口摂取すれば、98.6%の確率で避妊に成功するというデータが発表されています。更に3日以内であっても、80%のケースで避妊に成功しています。このような数字は、多くの種類のアフターピルの場合で、だいたいの所差異が見られません。
大体の所で分類してみると、いわゆる低用量ピルは一相性と三相性の種類の2通りです。それぞれのホルモン量の含まれる量に則して仕分けされています。服用効果の程度はさほど差はありません。
緊急避妊薬アフターピル使用で妊娠を防止した折には、次の生理が来ます。飲んだ後、7日過ぎたあたりで生理になることが一番多いパターンですが、短い場合では3日くらいで出血があることも珍しくありません。
通常の「一相性ピル」と言えば、1箱当たり21粒のあるだけ全部の低用量ピルが一緒のホルモン割合を持つ薬です。何個かある種類の中でも、そう考える事なく摂取できる部類でしょう。

避妊薬の低用量ピルとアフターピル
避妊ピル薬

インターネット上に「人気のアフターピルの処方ができます。」等と載せている産婦人科の医師に診察してもらうのがお薦めです。そういうタイプの病院なら、どちらにしても淡々としているので、気兼ねしないというのが長所です。
日毎に摂取することが必要な低用量ピルとは明らかに違い、用量が高いアフターピルは何と言いましても失敗してしまった場合に限って、最大限急いで服用することが欠かせません。
いわゆる低用量ピルの種類と言いますと、1サイクルで21錠のタイプと28錠のタイプの2通りが存在します。これについては、自分の嗜好で、面倒じゃないものを選べばOKです。
医薬品の飲み忘れは、よくあるちょっとした失敗の一つです。これ以外の医薬品類の飲み忘れに関しましては、差し出口はしませんが、一つ、アフターピルの飲み忘れだけは絶対に気を付けてください。
今回の生理の1日目から、生理周期の安定の為などにも使われている低用量ピルをスタートする初日開始型と、生理が始まって1番目の日曜日から飲んでいく、曜日開始タイプの2種類からチョイスすることができます。
原則として、日本においてピルを手に入れたいなら、医師に診察してもらって処方を頂くというやり方になります。けれどもインターネット等を使った個人輸入なら、外国メーカー製のアフターピルを通販を使って入手することが叶います。
種類の異なるタイプの低用量ピルなどを、通販やネットショップでミニマムな量で買い求めて、適合するピルを見つけ出すというやり方がベストです。体調が悪くなった時は、間髪いれずにお医者さんに診てもらいましょう。