マーベロン トリキュラー ホルモン量

緊急避妊薬であるアフターピルを海外通販などでゲットする場合には、お医者さんの診察を受けたり処方を下してもらったりといったことはいらなくなります。さりとて、使う上での注意事項や薬の役割・制限量などに従って、きちんと飲むようにしましょう。
妊娠してしまったかも、という確率の高い時に、もしもの時の対策としてよく使われるのがアフターピルというものです。このHPでは、あまり知識のない方のためにアフターピルに関して、実効性や使い方、処方などについてご紹介しています。
よく現れる副作用としては、いずれのケースでも頭が痛くなる、吐き気がする等が一般的ではありますが、弱い薬である低用量ピルと対照的に緊急避妊薬であるアフターピルは、現れる副作用の強度が全然違うレベルです。とはいえ、それぞれの人毎に差があります。
その後1日以内にアフターピルを摂取することで、およそ99%もの成功率が出るという発表があります。更に3日以内であっても、8割の場合は妊娠しないで済むようです。このような数字は、たくさんの製造元や種類が出回っているアフターピルですが、殆ど差異が見られません。
お医者さんにかからずにアフターピルのような薬品を求められて、低価格なのでとっても便利です。私的に海外から買い付けるというのは手に負えない感じがしたけど、日常的にカタログ販売や通販などで購入するのと相違ないくらいでした。
薬のうっかり飲み忘れをしますと、避妊対策としての効能を手にすることは不可能に近くなってしまいますが、こうした避妊に使われるアフターピルは避妊していない性交渉の後で飲むものであり、日々服用しておけばいい薬ではないことは心に留めておきましょう。
我が国でよく使用される中用量ピルであるアフターピルは、2種類存在しています。万全だとは断言できませんが、処方された通りに従って正しいタイミングで飲んでおけば高確率の服用効果をもたらしてくれます。
通常、低用量ピルの種類としては、1箱に21錠入っているものと28錠入っているものの品が販売されています。これらの中から使う方のお好みで、お手軽な方を選択していただければOKです。
排卵が終わってからアフターピルを服薬すれば、いつもの生理スケジュールで自然と生理が来る場合がよくあります。アフターピルという薬を飲んだ事による生理と元々の生理が、同時に生じていることになります。
胸のむかつき等の悪阻の病態が表れるのは、どんなに早くても次の生理日の予定を経過したあたりが常識です。2段階目のアフターピルの服薬後に似たような症状を感じたら、それは副作用と見るべきです。
本邦では使用が開始されて間もない薬品になりますので、副作用が少ないとはいえ低用量ピルはどこのクリニックでも処方がなされるというものでもないのです。一例を挙げれば、お産だけを扱うような病院では処方箋を出していない場合もあります。
処方してくれた医師に問い合わせするのは良いことですが、2段階目のアフターピルをついつい飲み忘れてしまったような時には、パニックにならないよう、まずは2段階目のピルを摂取して休みましょう。
女性の生理周期は、原則として決まった周期通りに来る場合が一般的ですが、排卵期以外でアフターピルを服薬すると、短い期間に2回強制的な生理が訪れるという事態になります。
中用量アフターピルにより避妊ができた際には、生理の出血が見られます。ピルを飲んでから、7日過ぎたあたりで出血が見られる場合がよくあるタイプですが、早ければ3日くらいで出血がある人もいます。
いわゆるアフターピルでは、よく処方される低用量ピルより女性ホルモンが多く含まれて、問答無用で生理中にしてしまって妊娠を妨害するという働きであるからして、それだけ厄介な副作用を生み出すという嬉しくない違いがあるのです。