低用量ピル マーベロン 飲み方

2回に分けて飲まなければならないアフターピルで、最もハイリスクなのが、2番目の飲用が間に合わなかったという事です。副作用がかなり強烈なので深く眠ってしまって、2回目を飲み忘れてしまったとお困りの電話がたくさんあります。
大雑把に区分けすると、世間でいう所の「低用量ピル」は一相性と三相性の2つの種類になっています。女性ホルモン(黄体ホルモン・卵胞ホルモン)の配合具合により仕分けされています。その服用効果というものはさほど差はありません。
国内では、ピルと名のつくものは近所の薬局などで求めることは現実的に不可能だと覚えておいて下さい。そうは言っても私的に海外から買い付ければ、標準的な通販、カタログ販売などと同様に、緊急避妊薬、アフターピルを買えるのです。
是非とも服用時間は順守して、万が一まさかの事態で2回目のアフターピルを飲み忘れたなんて時も、残念なことに避妊に対する効き目は下がることになりますが、摂取は必ずしてください。
2段階目の飲み忘れをすると、避妊対策としての効能を手にすることは望み薄になってしまうのですが、このようなアフターピルは性交渉の後で飲むための薬であり、毎日飲めばいいというものではないのです。
女性特有の器官である卵巣からは、いくつかの種類の女性ホルモンが生成されており、排卵を促進したり生理をもたらしたりしているのです。いわゆる「低用量ピル」というものはこれらの違う種類のホルモンが混ざっている経口摂取薬なのです。
飲んだ時間が早ければ早い程、一般的にアフターピルの明白な服用効果が得られます。ミスを犯してしまったというタイミングから12時間以内に服用すれば、0.5%という低い妊娠率となり、概ね妊娠の心配は不要でしょう。
悪心や出血、頭痛などの副作用が結構ある時には、緊急避妊薬であるアフターピルの種類・タイプを変更すると解放されるケースも少なくないので、産婦人科などで尋ねてみるといいでしょう。
わたしたちの国ではあまり普及していない薬品ですから、今でも低用量ピルは産婦人科の病院ならどこでも処方を書いてくれるわけではないのです。例を挙げると、出産外来のような専門的クリニックでは処方箋を出していない場合もあります。
それから、第1回目にアフターピルを飲んだ後に胸が痛くなったり、ひどい頭痛に見舞われたという場合は、副作用で危険な状態になっている確率が高いので、時間をおかずにドクターの診察を受けるようにしないといけません。
もっと前のセックスで、現状子宮に受精卵が着床している状態であれば、その妊娠が成立している状況です。この状態では、アフターピルの確かな服用効果は現れません。
総じて、卵子の排出が終わる前にアフターピルを経口摂取したら、普段の生理予定より早い時期に生理が訪れる場合が多いのです。ですが、ピルの為の生理というのは、元々あるがままの生理では無論ありません。
メジャーな副作用としては、どちらの場合でも吐いたり頭痛がひどくなったりが多いのですが、通常低用量ピルに比して強い薬であるアフターピルは、現れる副作用の強度が雲泥の差です。とはいえ、人によっても違います。
いわゆるアフターピルの素晴らしい服用効果は、完全ではないのです。およそのところ、受胎する割合が、五分の一に小さくできるという程度なのです。
今まで使ったことがなくて、不安の少ない低用量ピルを使おうとする方用に、一般的な普及している低用量ピルの効き目や種類などの知見を載せています。通販やネットショップなどで手に入れる際のガイダンスとして役立てて頂けばと思います。