セラゼッタ ノリディ

一際避妊に使う低用量ピル、アフターピルといった薬剤は、世間に広まっていますし、根拠のない話までもが満ち溢れているものですが、本当の使用法や容量などを理解をした上で、手堅くカタログ販売や通販などを使うようにするのが鉄則です。
妊娠を予防する以外に、いわゆる低用量ピルには豊富な使い道があり、嫌な副作用もそんなには多いものではないのです。適切な量を守れば、大変心強く実効性の高い薬剤なのです。
妊娠の可能性がある行為から24時間以内だったら、服用効果がより期待できるなど、なるべく早期に摂り込んだ方が避妊の確率を下げられるので、直ちにこのようなアフターピルを体内に摂り込むことが基本なのです。
緊急避妊薬のアフターピルを飲むと、胃や腸からホルモン成分が取り込まれて、血液内でのホルモン成分濃度が高まるので、「飲んでから数時間後に最初の副作用の諸症状が出てきた」といった人がよくあります。
2日間も次に飲むべき低用量ピルを完全に飲み忘れていた時には、妊娠を阻害できる保証はしかねます。一旦薬を飲むのを中断してください。生理の諸症状が時期通りに来れば、妊娠していなかったという事です。
よく現れる副作用としては、いずれにせよ吐き気や吐瀉などが大半なのですが、比較的穏やかな低用量ピルと違ってモーニングアフターピル等において、出現する割合に大きな差が見られます。とは言うものの、その人毎に違いはあります。
どれをチョイスしても、嬉しい服用効果は大同小異ですが、段階型と言われる低用量ピルは、決まった順に沿って飲まなければ避妊対策にならなかったり、困った副作用が出ることもあるため、留意しておくことが大切です。
診察を受けて処方を出してもらうなら、その薬局内で提携しているメーカーの低用量ピルの内から選択するしかありませんが、ネットショップや通販を使えば、自ら種類豊富な中から避妊薬を購入することも叶います。
ドクターに聞いてみるのは元より、2段階目のアフターピルを飲み忘れた場合には、パニックにならないよう、当面2回目を服用して休みましょう。
ピルを摂取する時刻は、数時間くらいならいくらか遅れても大丈夫ですが、基準として決めた時刻にいつも低用量ピルを摂り込むことを、ピル飲み忘れ術としても推奨しています。
大雑把にカテゴライズしてみると、いわゆる低用量ピルは一相性と三相性のたった2つの種類しかありません。各ホルモンの含まれる量に則してカテゴライズされています。もたされる服用効果はさほど差はありません。
ドクターに診察してもらわなくても低用量や中用量のアフターピルを入手できて、料金も安価なのでお役立ちです。個人で海外から輸入するのはなんとなくインチキっぽい気もしたけれど、なにげにカタログ販売や通販などでショッピングするのとさほど違わないものでした。
避妊対策を狙った薬である低用量ピルは、大きな影響を持つ黄体ホルモン・卵胞ホルモンと呼ばれる複数種類の女性特有のホルモンが混入されています。ひと頃に比べて、酷い副作用なども抑えられています。
アフターピルのような避妊薬の服用効果は高いとはいえ、万全とは言えません。普通、妊娠に至るパーセンテージが、何もしなかった場合に比べて20%位に少なくできるということです。
早い時期に飲んでおけば、一般的にアフターピルの明らかな服用効果が得られます。人工避妊にミスしてしまったという瞬間から12時間以内に摂取すれば、妊娠確率は0.5%になり、概ね妊娠の恐れはありません。