セラゼッタ 飲み方

アフターピルのような避妊薬は、病院で診察を受けたら薬箋、処方箋を頂くことが可能であるといっても、摂取する時間が遅い場合には、本来の服用効果が五割減になってしまう場合もあるのです。
このごろは、妊娠阻害や辛い生理痛などの症状、子宮内膜症といった病気の治療目的で利用されるのは、ホルモンの量が低減されているいわゆる「低用量ピル」と呼ばれる種類のものです。
それほど効かないかもしれないけれど、重大な副作用の恐れが少ないサプリメント(栄養補助食品)を飲む事には容認する人が多いのに、日本ではあまり普及していない低用量ピルについては、相も変わらず誤った認識を持っている人が相当いらっしゃると聞きます。
ピルを飲んでから2日程もあれば、いわゆる「アフターピル」のホルモン成分は血液中から排出されます。とはいえ服用してから何日か経ってから、副作用らしき状況に陥ってしまうこともあると報告されています。
海外で用いられている「アフターピル」というものには、ざっと区分して、緊急避妊専用のノルレボ系といった2錠ずつ飲むタイプと、大変メジャーなアイピルやエラワン等の1錠しか飲まなくてよいタイプの2つの種類が取り揃えらえています。
いわゆるアフターピルで用いられる薬品は、排卵と授精した卵子の着床という両者を邪魔する効力を持っていますので、既に授精が成立していても飲んだだけの服用効果を上げてくれます。
医薬品の飲み忘れは、よくあるささやかな失敗でしょう。その他の服用薬の飲み忘れに関することは、首を突っ込むことはしませんが、ホルモン剤のアフターピルの飲み忘れに関しては絶対に気を付けてください。
いわゆる低用量ピルの望ましい服用効果や、副作用の生じ方にはその人毎に差があって、概して「この商品が一押し!」とは言い切れないので、摂取しながら体の調子をよく見ながら、産婦人科で相談に乗ってもらうと安心です。
2日後になっても2錠目の低用量ピルを全く飲み忘れていた際には、妊娠を阻害できる保証はしかねます。暫く薬を服用することを中断してください。次の生理が正しい周期で起これば、受胎していなかったという事です。
72時間を過ぎずに飲用しないと効き目がないと耳にしますが、本当は薬を飲む時間帯だけに限ったことではなく、アフターピルの種類毎に、妊娠防止の確率がまったく異なります。
安全な低用量ピルは、妊娠を防止するために処方されているホルモン薬で、海外の各地で1億人を超える人々が使っているとも報告され、女性側がチョイスする妊娠を防ぐ有力策として、世界中で浸透しています。
世間で認知されつつある低用量ピルとの違いは、ホルモン含有量の多いアフターピルは胃がむかむかしたり戻してしまったり、立ちくらみや生理以外の出血などの副作用が出る可能性が高めです。定番の安心できる避妊対策であれば、安全性の高い低用量ピルを利用するのが一押しです。
わたしたちの国ではそれほど時間が経過していない薬品になりますので、いわゆる「低用量ピル」はどの産婦人科医でも処方を書いてくれるというものではありません。例を挙げると、出産を専門としている産婦人科などでは処方箋を出していない場合もあります。
たくさんの女性ホルモンで構成されているアフターピルなどでは、狭心症、心臓発作といった深刻な副作用が言及されてきましたが、現代の低用量ピルにおいては、前述のような命に関わるような副作用が大きく減りましたので安心していただけます。
緊急避妊薬のアフターピルの起こりやすい副作用で、多くの人に現れる状態には、むかつき感があげられます。むかむかしたりする事が多い場合には、吐き気予防薬を合わせて飲むのが良いでしょう。