ヤーズ 添付文書 pdf

世間一般では、国内においてピルを買いたければ、医師の診療を受けた上で処方を書いてもらう事になります。ですが海外から個人輸入するという手を使えば、海外製の優秀なアフターピルをふつうの通販みたいな感覚でゲットすることが不可能ではありません。
1日当たり1錠という量を服薬するのみで、排卵を防止し、子宮の内側の活動を阻みます。世界中で利用者の多い低用量ピルには、避妊具よりも顕著な避妊対策の服用効果が備わっているのです。
低用量ピルをずいぶん飲み忘れてしまっている方が避妊しなかった時は、妊娠率が結構高くなりますので、事後3日の内に緊急避妊薬であるアフターピルを服用するようにしてください。
日常的に忘れずに服用する必要のある低用量ピルとは明らかに違い、モーニングアフターピル等は条件として危険な振る舞いをしてしまった時だけ、可能な限り早急に体内に入れることが薦められている薬です。
定休日がなく1年を通じて診療に当たっているお医者さんだったら、取り急ぎ72時間経過しない内にという制限時間が決まっているいわゆる「アフターピル」の処方対応や、急に具合が悪くなったような場合にも、ケースバイケースで診療に当たってもらうことが望めます。
通常の場合、中用量ピルのいくつかを一緒使って、低用量ピルの服薬終了の1日後から、次なる中用量ピルをあなたが生理をずらしたい日までずっと服薬しつづければ、次の生理周期をずらすことが実現できるのです。
いわゆる低用量ピルは、安全な服用効果が体感できる限界量まで女性ホルモンの分量を低減してあるので、日々1粒は、きちんと飲用しなければ効果が得られません。
多くの場合、アフターピルを飲んだのが排卵したすぐ後なら、排出される子宮内膜が少なめなので出血の程度が少なく済み、既に排卵から時間が経ってしまっている時には、何もしない時の生理と同じ位の出血がある模様です。
インターネット上に「人気のアフターピルの処方ができます。」と謳っている病院を訪ねるのが賢明でしょう。そうしたクリニックは、良きにつけ悪しきにつけ淡々としているので、プレッシャーがないというのが長所です。
気軽に服用できる低用量ピルやアフターピルのような薬剤なら、小規模な個人輸入を代わりに行ってくれる通販やネットショップ等で、安泰に多彩な種類について、相場よりもバリュープライスで入手することができるようになってきています。
概ね妊娠防止を狙って処方箋を書いてもらう低用量ピルの数々ですが、ホルモン成分を体に補うことで、更年期などの症状を和らげるといった効き目ももたらされるのです。
今までのセックスで、現在受精が成立していると、懐妊の事態にあります。こうした状況においては、アフターピルの明らかな服用効果は齎されません。
産婦人科に通って処方を頂くことが困難な人だったら、インターネットを介したネットショップや通販を使ってみて下さい。産婦人科により、指定するモーニングアフターピルや低用量ピルの種類もさまざまに違いがあったり、支払う代金も違いがあるはずです。
よく現れる副作用としては、どちらの場合でも頭痛を覚えたり胃がむかむかしたりが多いのですが、副作用の少ない低用量ピルに対比していわゆるアフターピルは、出てくる作用が雲泥の差です。そうはいっても、それぞれの人毎に差があります。
現代において、妊娠阻止や生理の時の様々なストレス、女性特有の子宮内膜症といった病の治療法として用いられているのは、含まれているホルモンの量がごく少ないいわゆる「低用量ピル」の場合が多いです。