ミニピル 種類

ミニピル 種類

一般的な低用量ピルの種類としては、1箱に21錠入っているものと28錠入っているものの2通りが存在します。いずれにしても、自分のお好みで、面倒じゃないものをセレクトすればよろしいのではないでしょうか。
近年、妊娠対策や辛い生理痛などの症状、子宮内膜症などの治癒目的のために用いられているのは、配合されている女性ホルモンの分量がごく少ない安全な低用量ピルと呼ばれる種類のものです。
通常の「一相性ピル」と言えば、1箱中に納められている内容量総ての低用量ピルが一緒の成分で構成されています。幾つかの種類の中でも、そんなに考える事なく摂取できる部類でしょう。
つわりなどの妊娠初期みたいな状態に見舞われるのは、いくら早くても次回の生理が予定されている日より後というのが常識です。2段階目のアフターピルの服薬後に近い症状が表れたら、それは副作用と思います。
以前ピルを服用していたけれど、今ではずっと飲み忘れ中の女性が避妊しなかった時は、懐妊する確率がかなり高くなるはずですので、その後3日以内に避妊のためのアフターピルを服用するべきです。
医師にモーニングアフターピル等の処方を書いてもらうことが一般的です。いま本邦においては、中用量のプラノバール錠とノルレボ錠が配合されたものの2種類のアフターピルが広まっています。
大まかに仕分けると、よく使われている低用量ピルは一相性と三相性の種類でいえば2つになります。黄体ホルモンと卵胞ホルモンの量の配合具合により区別されています。現れる服用効果は相違ありません。
妊娠防止を狙った薬剤である低用量ピルは、生理周期に大きく関係する黄体ホルモンと卵胞ホルモンの双方の種類の女性の性ホルモン成分が混入されています。昔のものに比べて、困った副作用も低減されてきています。
お医者さんにかからずにアフターピルのような薬品を求められて、料金も安価なので大助かりです。自分で海外輸入するなんて敷居が高い感じだったけど、オーソドックスに通販やインターネット上のショップで買うのとさほど違わないものでした。
総じて、排卵するよりも先にアフターピルを服用した場合には、普段の生理予定より早い時期に次の生理になってしまう事が多いです。けれども、こうした生理というのは、元来のその人固有の生理とは別のものです。
女性ホルモンを多量に含むピル剤においては、血栓による急性心筋梗塞などの由々しき副作用が発表されていましたが、昨今の低用量ピルであれば、前述のような困った副作用は相当減りましたので安心していただけます。
さほど耳にする事はありませんが、国内で処方箋なしでアフターピルや低用量ピル等を常用している人々の大抵は、ネット販売などの通販を使って海外から購入し、避妊を卒なく舵とりしているというのが現況だと言えます。
毎日欠かさずに常用することが欠かせない低用量ピルとは大きく違い、緊急避妊薬のアフターピルは何と言っても妊娠の確率の高い行為があった折のみに、少しでも間をおかずに服することが必要なのです。
2日後になっても2回目の低用量ピルをうっかり飲み忘れていた時には、妊娠阻止の確定はできないことになります。一旦薬を飲むのを取りやめましょう。生理の諸症状がそれなりの時期に到来したら、妊娠していなかったという事なのでご安心ください。
ビギナーとしていわゆる低用量ピルというものを飲んでみようとする人に対して、一般的なよく使われている低用量ピルの種類、用法といった知識・情報を掲載してあります。海外通販等で買い付けを行う時のガイドブックとなるでしょう。