トリキュラー28 海外 飲み方

世界の国々で問題なく摂取されているアフターピルには、大まかに分類して、緊急避妊専用のノルレボ系といった1回に2錠飲まなければならないものと、5日以内に服用すればよいエラワンのような飲み忘れの少ない1錠タイプの2つの種類が取り揃えらえています。
昨今の病院は、予約を取っている場合が増えていますので、最初に電話をしてみて初診の申しこみができるのかと、アフターピルの処方をしているかどうか等のリサーチをしておいた方がベターです。
避妊にミスしてしまった確率の高い時に、万が一の場合のやり方として用いられるアフターピルという薬。このHPでは、こうしたアフターピルとはどのようなものなのか、有効性や処方の貰い方その他について解説しています。
世界各地で、あまたの女性たちが利用している流行の低用量ピルは、わたしたちの国でも1999年に承認されて世間に向けて販売されるようになり、マイナス面である副作用に関しても急速に改善が見られたのです。
大量のホルモンを含有する中用量、高用量のピルでは、血栓による急性心筋梗塞などの由々しき副作用が心配されてきていましたが、最新世代の低用量ピルでは、前述のような命に関わるような副作用がだいぶ少なくなってきていますのでご安心ください。
毎日欠かさずに摂取することが必要な低用量ピルとは全然違い、緊急避妊薬のアフターピルは前提として失敗してしまったケースでのみ、できる限り早い内に飲んでおく事が欠かせません。
一昔前のピルとは別物というくらい、よく用いられている低用量ピルは女性ホルモンの量も低減され、いまどきは妊娠を防止するのみならず、重い月経痛といった女性独特の体の不調や、肌トラブルの治療法としても処方してもらえるのです。
一般的に、複数の中用量ピルを一緒に使い、低用量ピルの服用終了の次の日から、中用量ピルを生理を変えたい日までずっと飲み続ければ、生理を遅らせることが不可能ではないのです。
ほとんどの場合、アフターピルを摂取したのが卵子の排出後すぐであれば、流れ出てくる子宮内膜がまだそんなに多くないので経血も少なめで、排卵が済んでから数日経過していると、本来の自然な生理と差がない位の血液量になるようです。
幾種類かにカテゴライズされている種類の内、よく知られている低用量ピルに配合されている黄体ホルモンの種類というのが存在します。低用量ピルの分け方としては、最大のものと言えるでしょう。
あちこちで売られている一般用市販薬と同じように、緊急避妊薬であるアフターピルにもメーカーや種類も色々なものが販売されています。体に合わない薬の服用をすることがないように、自らが正しい方法を知る事が重要です。
大体の場合は妊娠予防を用途として多く処方されてきた副作用の少ない低用量ピルですが、小量の女性ホルモンを補足するがために、更年期の諸症状を緩和してくれるという作用も享受できるのです。
医師の診察を受けて、一般的なアフターピルの処方を出してもらうといった場合なら、産婦人科医より次の生理などについて話をしてもらうことも容易ですが、ネット通販で入手した時には、そういう事はありません。
今度の生理初日より、安全な低用量ピルをスタートする1日目スタート型と、生理が来て1番目の日曜日から飲み始める、日曜開始型の2種類から選べます。
中には、各曜日がピル用の容器に印刷されているものがあります。そうした工夫があれば、低用量ピルを飲み忘れてしまった場合でも、即座に認識する事ができるはずです。